酵素不足だから痩せないの?酵素とダイエットの関係は?

消化機能と代謝機能を促進する

酵素ドリンクや酵素サプリメントを利用した酵素ダイエットが人気となっていますよね。体内に酵素を取り入れて、痩せやすい体質になろうというダイエット方法です。人間には、消化機能を助ける消化酵素と代謝機能を助ける代謝酵素という2種類の体内酵素があるのですが、加齢とともに減少していき、さらに1日で作られる量にも限りがあります。体内酵素の量が不足すると消化機能へと優先的に使われるので、その場合代謝機能が衰えてしまいます。体に要らないものを外に排出する機能が衰えてしまうというわけなのです。これが年を重ねると太りやすくなる原因といえます。そんな役割をしている体内酵素を増やすには、食物酵素を取り入れる方法があります。酵素を多く含む食材を食べることで、体内酵素を補うことができます。

食物酵素を多く含む食材は

食物酵素を多く含む食材として、生野菜や果物、発酵食品などが挙げられます。食物酵素は熱に弱い性質もあるため、野菜や果物は生で食べるのがおすすめです。特にパイナップルやバナナなどの果物は、その果物自体に消化酵素を持っているので体内の消化酵素を節約することができます。また、発酵食品は納豆や味噌、漬物、キムチ、ヨーグルトなどがあります。食物酵素を多く含む食材をバランスよく積極的に摂取することで、酵素不足を改善し痩せやすい体質になっていきますよ!ただし即効性は得られないので、これらの食材を食べたからといってすぐに痩せるわけではありません。それは酵素ドリンクやサプリメンを利用して酵素を補う方法でも同じです。体に良い食生活を長く継続していきましょう。

酵素ダイエットは、痩せやすい体が作れ、体質改善にも効果があるなど健康的にダイエットが出来ると人気のダイエット法です。