肌にシミが出来てしまう原因とは?できてしまった時の対策方法

シミが出来てしまう原因

肌にシミが出来てしまったという方は、これから予防するためにも出来てしまう原因についてしっかりと把握しておくようにしましょう。まず、シミが出来てしまう主な原因としては、太陽光を浴びてしまうこととなります。太陽光には紫外線が含まれていますが、肌に浴びることによって肌がダメージを受け、肌を守ろうとしてメラニン色素が生成されることになります。このメラニン色素は肌のターンオーバーが正常の場合は肌の再生と共に消えますが、肌のターンオーバーが乱れがちな方は肌にシミとなってしまい、消えずに肌に留まってしまいます。太陽光を浴び続けることでもメラニン色素が溜まっていくため、太陽光が強い夏や秋の季節には紫外線予防の化粧品で対策をするか、外に出る際にはなるべく太陽光に当たらないようにすることが大切になっていきます。

シミが出来てしまった時の対策方法

シミがすでに出来てしまった場合は、肌のターンオーバーを正常にするために美白化粧品で対策をしていきます。美白化粧品には肌を保湿する成分としてビタミンCが含まれている商品がおすすめとなり、さらにシミを薄くしてくれる成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。外側からだけでなく、美白効果や抗酸化作用のある栄養素が含まれている食材を摂取することによってもシミを薄くすることができます。美白効果がある栄養素が含まれている食材としておすすめなものはトマトとなり、トマトに含まれているリコピンはシミだけでなくシワやたるみにも効果がある美容食材となっています。

シミは拭くと汚れが広がるので、洗剤を染みこませたスポンジで叩くなどしてゆっくりと色を抜いていくことが大切です。